Entry: main  << >>
G1 CLIMAX2019 観戦記part17 8.10 東京 日本武道館

いよいよオーラス武道館3連戦。

 

去年は決勝生観戦でしたが今年はワールドで。

 

Aブロックはオカダvs飯伏の勝者が決勝進出というシンプルな状況。

 

EVIL vs アーチャー

 

アーチャーは星取り以上にシングルプレイヤーとして十分存在感を見せつけたという

意味でAブロックで最も成功したレスラーかも。

 

SANADA vs ファレ

 

ファレの試合は基本全部面白くなかったけどSANADAが一番フィットしたかも。

 

ファレはもう少し絞って動けるようにするかベイダーとかアンドレみたいな

立ち位置を目指すのかの岐路に立っている気がする。

 

KENTA vs ザック

 

Aブロックで一番厳しかったのはKENTAだった。。。

 

永田さん曰く「悲壮感の漂う身体」これが実に適確な表現だった。

 

WWEでの日々がどうだったかは知る由もないが昔の名前で出れるほど

現在の新日本のハードルは低くないということだろう。

 

とにかくアジャストできていなかった。

 

年内〜来年の1.4までは絡みあるのかもしれないが

G1はもうご勘弁願いたい。

 

棚橋 vs オスプレイ

 

オスプレイへの期待の表れのブック。

 

しかしニュージャパンカップ〜 BOSJ〜G1とこれだけシングルマッチやってきて(見てきて)

 

全く飽きないってどういうこと?

 

飯伏くんがオスプレイについて「最先端のプロレス」と表現していたが

 

本当にそう思う。彼が活躍すればするほど高橋ヒロムの復帰が待ち遠しくなるのだ。

 

でももうジュニアヘビーの枠を超えてしまったんでその辺をどうしていくのか今後に期待。

 

そしてメイン。

 

オカダ vs 飯伏

 

5年半ぶりのシングル。前回はまだ飯伏がジュニアヘビーだったんだ。

 

そのあとタイガーマスクWでもオカダとやってますが(これは除外か)。

 

身体のサイズの違いがなんか際立つなあと。

 

オカダを前にするとあれだけすごい筋肉を身にまとっていても飯伏がかなり華奢に見える。

 

初戦での怪我以降中盤まではかなり左足をかばった動きしてましたが

 

後半はあまりそのそぶりは見せず。

 

ただあんまり良い状態ではないのかな?という動き。なんつうかマックスのときと比べると

 

だいぶ動きが悪い気が。技の出し方、つなぎ方、この辺もなんか。。。?

 

なので試合自体の評価は個人的にはそこまで高くないかな。

 

むしろオカダカズチカの強さ、タフさが際立っていたように思う。

 

やっぱりIWGPチャンピオンだね。

 

Aブロックは予想どおり飯伏勝ち上がりで一安心。

 

さあ明日は混沌Bブロック。

 

ヤフコメみてるとジェイ勝ち上がり予想が一番多いかな。

 

なにやらケニーが極秘来日しているとの噂が小耳に入ってきたので

 

なおさら昨日の予想(モクスリー勝ち上がり)を確信してるんだが。。

 

最初に予想した殿の可能性もまだあるんだよな。。。

 

まあ最後まで楽しませてもらいましょう。

 

 

 

 

| threadyarn | 02:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 02:34 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode