Entry: main  << >>
バンドTシャツ考察
まあもう5年以上もTシャツに関わる仕事をしているんですが別にTシャツに特別な愛着があるわけでもなく、というか仕事で携わるようになってからというもの自腹で買ったTシャツは数えるほど...。そりゃTシャツに関するあらゆることを知ってしまった人間が、毎日飯のたねとしてTシャツに関わってしまった人間が、「さあ今年の夏はどんなTシャツ買おうかな」とはならんよ。でもね、唯一買っちゃうTシャツがあるのよ。もうおわかりですね。
好きなバンドのTシャツです。これだけはこの仕事やり始める前となんら変わらん。まあそれも数えるほどだけど。ライブとか行ってそういうの着てると共通言語として初対面の人でも話が早いよね。「ああ◯◯好きな人なんだ...ならこの話題」的な。バンドTはやっぱりアイコンとしての価値ですよ。アンビルだとかプリントスターだとかそんなのはどうでもよいし、プリントが3色だからこだわってるしコストも掛かってるなとか、そんなこたあ関係ないからねえ。まあ僕も仕事柄今まで有名無名問わずいろんなバンドのTシャツを作らせてもらってきたけど基本はやっぱ黒Tに白プリントですね。特にパンク/ハードコアはこれがダントツ。確かに究極的にシンプルだし、意思も感じます。でもこれ結構着るとなると難しかったりしません?シンプル且つインパクトがありすぎてズボン何履いたらいいのって感じになったりしません?そういうのもあってか最近はだいぶばらけてる気がします。敢えてポップなボディカラー使ったりってのも多いかも。
あとバンドマンは手作り派も結構多いですね。僕も結構やってますけど。第一にコストを押さえられるってこととやっぱりDIY感が出せるってことで根強いのでしょう。ただ技術力を要するので時間と根気が無いと難しい&逆に高くつく。材料代もばかにならないし、プリントミスったらそれ売れないし。
ということで長々書いてきましたけどバンドは音源作るのとTシャツ作るのは絶対といっても過言ではないのでそういう方は僕に連絡下さい。単なる宣伝です。
今プリントまでこっちで全部やっちゃうサービスとさっき言ったようなDIY派向けに業務用のプリント材料販売サービス両方兼ね備えた販売サイトを準備中でして、もうそろそろオーダー受付られるようになります。完成したら大々的に宣伝します。なにげに都内のライブハウスあたりでフライヤーが置かれてると思うのでライブ行ったら探してみて下さい。今んとこ渋谷くらいしか置いてないけど。

threadyarn ライブのお知らせ

6月15日(日)西荻FLAT
myheadswims presents 風下ゼミナールside7
start/18:30 ticket/¥1000
w/myheadswims/the deadstock/malegoat

myheadの復活企画!一緒にやるのは2年前の九州国際大以来!
メンバーも編成も変わった彼らがどうなってるのか楽しみ。

7月21日(月・祝)小岩eM7
soviet action presents
start/18:00 ticket/¥1500
w/PIGMEN/UNARM/恋はもうもく/and more

こっちは詳細全部でたらちゃんと告知しますよん。eM7はやりたかった
ハコだし、楽しみです。菊池くんありがとう!
| threadyarn | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:59 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode