Entry: main  << >>
1000 travels of Jawaharlalと俺
久々、この企画。昨日の夜ふと書こうと思ったんだわ。

出会いは1999年かなあ?たまたま福岡に遊びに行ってて友達ん家にぴああったから(もう廃刊しちゃいましたね、寂し)ぺらぺらめくってたらまさにその日に天神のビブレホールでKENNY BAKERのレコ発福岡編があるっつうのを知って急遽行くことにしたんだわ。対バンはscreaming fat rat、BUTCH、1000tojだった。客の入りは記憶では10人くらい(笑)。1番目がジャワだった。もうこの1発のライブで完全に鷲掴みにされたよね、♥を(笑)。坊主頭の3人組。ギターボーカルがときにツバをはきちらしながらギターかきむしって叫ぶ様は圧巻だった。ライブ終わってKENNYのマナブさんに言ったんだよ。「みんなすごかったけど特に1番目のバンドやばいっすね」って。したら11月に東京呼んでるっていうから行ったわけ。シェルターだったな。その日の打ち上げでよっけんと連絡先交換して機会あったら俺らも誘いたいって話したのを憶えてる。で次の年の6月にシェルターで企画打つってなって速攻ジャワ誘った。平日だったんだけど来てくれた。そんときよっけんが抜けた直後でなかぞのくんが入ってまだ間もなくって感じでライブできるかどうか微妙と言いつつ来てくれた。ジャワはシンキョウはじめいくつものジンでインタビューされたり東京にもちょくちょくライブ来てたから毎回お客さん結構入ってた。俺が観た中のベストは東高円寺にあったシンバラインって小さい箱でSAPの企画だったかな?MAN FRIDAYとかも出てたんだけどあんときゃ酸欠で死ぬかと思うくらい盛り上がった最高のライブだった。ドラムはまだよっけんだったなあ。

で時は流れて2003年俺が福岡に越して始めて観に行ったライブで久々に再会した。桜坂のSTAFFでFCPMの企画。ペアオブとかプラクティスも出てた。前にもブログで書いたけど初対面のフッケン先輩に子供を預けカミさんと観たっけな。初めて観た時となんも変わっちゃおらんかった。それで俺はもう1度バンド始めることを決めた。これは厳然たる事実。ジャワともう1回一緒にライブしたいなってのが福岡時代前半の俺の原動力だったのは間違いない。北九と大分を無理矢理出張組んで下田くん家泊めてもらったの楽しかった。岩さんも来てくれてみんなで鍋やったんだ。スレッドヤーンってバンド始めたつってその音みんなに聴かせて早く一緒にライブしようぜって、それがホントに支えになったのさ。そのときこっそり頂いた(笑)ジャワの缶バッジは今でも俺のギターストラップに鎮座してる。この前北九行った時みんなに見せたやつ。ファーストライブももちろんジャワを誘った。快くokしてくれた。でもギリギリで訳合って出れなくなっちゃった。俺は企画を続行するかどうか迷った。でもふっけんさんの一言でやると決めた。しっちゃかめっちゃかなライブだったけどそこに下田くんもガンさんも来てくれた。それは心底嬉しかった出来事。それから何回か一緒にライブした。THE EVENSを呼ぶってなったときも声かけた。でも彼らには彼らのスタンスがあってそのときは一緒にライブやるのは実現しなかった。下田くんとそのことについて凄く語り合ったのもいい思い出。あと嬉しかったのはSPIRAL CHORDが福岡に来るってなってどうせだったら小倉でもライブやったらって話になったらしく、ジャワ仕切りでって流れになったらしいんだけどそんときに下田くんが「だったらそれは俺らよりもthreadyarnにやってもらった方がいいと思う」って言ってくれてたってのをだいぶ後からユタカくんに聞いてウルっと来たこともあった(それは実現しなかったんだけど。SPIRAL CHORDとも一緒にやりたいと思ってたけどそれはまた別の機会に)。福岡北九連日でジャワ、STRANGE、4hou8pou、infroでやったときが最高に楽しかった。ジャワは初日福岡しか出れなかったんだけど翌日北九行くまえにみんなでカレー屋行って昼飯喰った。あの日が福岡でバンドやってた中で一番印象に残ってるかも。その後の移動〜メガヘルツでのストレンジの壮絶ライブ〜資さんでの解散発表含め(笑)。

下田くんはいつだってあたたかい眼差しを持った人だし、ガンさんは寡黙だけどチャンジャをこよなく愛するジェントルだし、よっけんは裏表のない熱血漢だし、なかぞのくんは相変わらずハイテンションなままだし。望まない限りは終わりはこないって言ったんだからいつだって戻って来て欲しいと思ってる。そんときは俺が絶対東京に呼ぶ。

middleとのスプリットをイモムシからリリースしたかったのは俺的には大袈裟に言えば彼らへのメッセージってのもあるし、感謝ってのもある。更に言えばその魂を俺らが引き受けたっていう決意でもある。それを理解してくれてリリースしてくれたユタカくんへの感謝ももちろんある。だってユタカくんと下田くんで始めたレーベルだからね。

望まない限り終わりは来ないから。いつだってそう口ずさみながら俺はまだギターを弾いている。



| threadyarn | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 03:36 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode